フィンジア情報

【フィンジア】カプサイシンによるゲートアクセス理論とキャピキシル・ピディオキシジル配合の効果とは!?

 

 

【フィンジア】カプサイシンによるゲートアクセス理論とキャピキシル・ピディオキシジル配合の効果とは!?

 

フィンジアは今までに全くなかった新しい成分の配合と新しいカプサイシンによるゲートアクセス理論によって製造されたスカルプケア商品です。

 

これまでのスカルプケア商品では難しく実現不可能だった毛穴の奥まで成分を浸透させる作用をカプサイシンによるめぐり促進効果(ゲートアクセス理論)により飛躍的に強化。

 

そして、代表的な育毛成分であるミノキシジルを改良したピディオキシジルとキャピキシジルを毛穴深くまで浸透させます。

 

今まで育毛業界では難しかった浸透性の強化を実現。しかも、ミノキシジルの3倍もの効果があるとされるキャピキシルを業界最高の5%まで配合。フィンジアは今最もスカルプケア商品の中でその効果レビューやクチコミ情報が注目されている商品の1つ言えるでしょう。

 

フィンジアに含まれている主要成分をもっと詳しく分析してみましょう

 

フィンジアとは?

 

フィンジアとは、キャピキシルとピディオキシジルの2大先進スカルプ成分と独自のゲートアクセス理論によりカプサイシンを配合。自社開発されたSPEテクノロジーも搭載。このように全く新しい配合成分とテクノロジーで開発された毛髪トニックがフィンジアです。

 

式にするとこんな感じになると思います↓

 

フィンジア=(キャピキシル+ピディオキシジル)×(カプサイシンを配合したゲートアクセス理論)

 

キャピキシルとは?

 

キャピキシルは、カナダのルーカスマイヤー社が開発した成分です。アセチルテトラペプチド3とアカツメクサ花エキスの2つがブレンドされたものです。アセチルテトラペプチド3はイソフラボン成分の1つで抜け毛を促進する男性ホルモンに抗する作用があります。

 

そして、注目すべきは、アカツメクサ花エキスです。この天然成分には、ビオカニンAという成分が含まれています。このビオカニンAには、他社製品に多く含まれている主成分のミノキシジルの3倍の育毛効果が期待できるとされています。

 

フィンジアの中では最も注目の成分と言ってもいいでしょう。

 

他にもビオカニンAはストレスを抱えた忙しいビジネスマンや加齢により乱れた頭皮のコンディションをしっかりと整えるに非常に適した成分と言われています。

 

ピディオキシジルとは?

 

ピディオキシジルは、ミノキシジルのデメリットを改良した成分です。ミノキシジルの欠点と言われていた吸収性と安全性をしっかりと改善。頭皮に必要な成分をスムーズに送りこむ役割を担い毛髪効果を促進させます。

 

ビオカニンAとともに、現在ヘアケア業界で最も注目されている新しい成分と言えます。

 

カプサイシンによるゲートアクセス理論

 

このカプサイシンによるゲートアクセス理論こそ、フィンジアが開発した最も新しいスカルプケアの仕組みです。

 

カプサイシンとは唐辛子などに含まれる辛味成分のことです。このカプサイシンは、血行促進効果を生みます。カプサイシンは辛味による刺激によって代謝を活性化。

 

毛穴から根元まで、しっかりと配合成分を浸透させ毛髪効果を最大限に引き出します。

 

フィンジアについての批判コメントを調べてみると

 

フィンジアについての批判的なカキコミを簡単に並べてみました。だいたい批判的なカキコミは下の3つに分かれていると思います。

 

評価:★★★☆☆
フィンジアがアマゾンや楽天、ヤフーで売られていないのはクチコミの評価が下がるのが嫌だからだよ。
評価:★★★☆☆
キャピキシルがミノキシジルの効果の3倍もあるなら、もっと話題になっているはず。もし本当なら、大手がみんな開発するはず。
評価:★★★☆☆
他の毛髪商品よりも圧倒的に毛髪効果についての肯定的なコメントが少ない。効果があるなら、もっと喜びのコメントがたくさん書きこまれているはず。

 

批判のカキコミを見ると解るのですがみなさん真剣に毛髪について考えてらっしゃるということです。本当に真実の効能情報について知りたいと思っていますね。

 

それに、特徴的なのが、多くの人が、今まで何かしらの定番商品や新商品などを使用した経験があることです。

 

ですから、他の商品についての成分や値段についても非常に詳しいですし、各社の販売戦略などについても極めて鋭い見識を持っています。それでも批判コメントすべてに言えることですが、どんな批判意見に対しても必ず同じぐらいの数の反論意見があるのも特徴ですね。

 

これはフィンジアに限らずどの育毛関連商品に関しても言えることだと思います。

 

次に肯定的なカキコミを見てみましょう。

 

評価:★★★★★
僕は20代で若ハゲに苦しんでいましたが、フィンジアを使用して4ヶ月で頭頂部に効果が現れました。髪質もしっかりしたものがたくさん生えてきたので薄い部分が目立たなくなりました。
評価:★★★★★
他の毛髪剤と違い使い勝手ですごくいい。ベタベタしていなくてさらっとした感覚がいい。時間がないサラリーマンなどに最も適した商品だと思う。私は30代前半ですが、効果は3ヶ月目から出ています。
評価:★★★★★
欠品状態が長く続いているという話を聞いて1度試してみました。大手の商品も長く使ってみましたが、フィンジアがコストパフォーマンスでは1番優れていると思います。

 

肯定的なカキコミを見てみるとだいたい効果があると書いている人は若い人が多いですね。年齢にすると、20代後半から30代ぐらいの人が多いです。

 

それ以外の年齢の人のカキコミを見てみると、既婚男性の方が多いことに気づきます。それに、大手の毛髪剤をそれなりに使ってみた経験がある人がほとんどですね。

 

この肯定的なカキコミを見ていて非常に興味深いのは、まず、若い人にフィンジアは効きやすいという点と、それ以外の年齢の人たちは、ある程度の所得水準でかなり資金的に余裕がある家庭の男性が多いということです。

 

これは個人的な洞察になりますが、フィンジアは、若い人とそれなりの食生活などを送り健康面にかなり気を配っている人たちに効きやすい傾向があるということです。

 

それと、使用して4ヶ月目から効いてきたという意見が非常に多いですね。

 

 

フィンジアを実際に使ってみた感想

 

私が個人的に、フィンジアの名前を知ったのは、スカルプケア商品で何度も売り切れを記録したという情報を得てからです。私も、若い頃から薄毛に悩み、毎朝、起きた時に少しずつ頭のてっぺんから髪の毛が抜けていくことに恐怖を感じていました。

 

それまで何十種類ものスカルプ商品を試してきた実績もあり、フィンジアがどんな成分でどんな仕組みの商品なのかはすぐに見当がつきました。

 

人によっていろんな考えがあると思います。いろんな商品を試して自分なりの薄毛対策についての考え方が確立されていると思います。私もハゲ対策にはかなりの時間を費やして研究しましたが、どんなスカルプケア商品にも言えることですが、薄毛や抜け毛を防ぐ成分はどれもほとんど同じです。

 

大きく違うのは、その成分を毛穴の奥まで浸透させる仕組みしっかりしているかどうかです。

 

そういう意味で、本格的にスカルプケアをやるならば、専門のクリニックなどに行ってしっかりと育毛成分を浸透させてもらうのがいいので。しかし、普通のサラリーマンでは経済的にすぐに行き詰ってしまいます。

 

ですから、フィンジアの新しい成分、カプサイシンには非常に注目させられました。

 

唐辛子の主成分で毛穴の毛細血管の働きを促進するというのは、非常にロジカルな考え方だと思います。